​一緒に留学情報をシェアしてくれる留学生、留学経験のある方を随時募集してます!気軽にto.ryugaku@gmail.comまで連絡お願いします。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

【アメリカ】実際どっちがいい?リベラルアーツカレッジと総合大学の違い

January 25, 2018

 
今回はアメリカの大学のリベラルアーツカレッジ(小規模)、総合大学(大規模)についてどちらも経験した目線から比較してみたいと思います。
 
・州立大学、総合大学(例: UCLA、SUNY)
 
生徒数が多い&キャンパスがデカい

当たり前ですがペンシルベニア州の小規模リベラルアーツ大学に比べたらNYの州立大学が大きいことは分っていました。が、想像以上でした。まず、州立のほうが生徒数も多いので留学生の数も桁違いに多いし、自分の大学は特にアジアからの留学生が多いです。これまでの大学はキャンパスで留学生をみたらほぼ友達でしたが、今の大学は誰が留学生なのかも分かりません。

それに、キャンパスがすごく大きいです。キャンパス内には生徒なら誰でも使える自転車が整備されていて(よくNYCで見かける)移動が楽です。歩こうとすると自転車の倍の時間はかかりますね(笑)

 
 
大学の設備が充実している

前の大学は小規模ということもあって、図書館が小さくコピー機やデスクトップも少なかったりしたのですが現在の大学は図書館も大きく設備も充実しています。内装も最近新しくなったようで、椅子や机などもモダンなものが多いです。なので整った環境で勉強できることは確かだと思います。ジムやその他のアクティビティ施設も充実しています。建設中の建物があったりとまだまだ発展途中です。

 
 
授業のサイズが大きい

自分の取っているクラスではまだあまり大きいクラスはありませんがそれでも50,60人います。前の大学が多くても30人ほどだったので規模は大きくなったなと感じます。中には何百人と生徒がいるクラスもあります。そのような大きなクラスではAttendanceやQuizがクリッカーと呼ばれる機械で行われたり、講義が録画されておりあとで見直せるようになっています。

 
 
いろいろなClubやOrganizationがある

生徒数は前の大学の10倍以上いるので、いろいろな学生がいます。留学生のクラブももちろんありますが、200近いクラブが大学内にあるようです。(前の大学は40くらいだったかな) 僕はその中のひとつであるサッカークラブに入りましたが、他にもたくさんクラブがあるようです。

 

 
 
さまざまな経験ができる機会がたくさんある

大学が大規模となると、イベントの数や大学内での仕事の数も多くなります。実際に多くの生徒は大学内で働いたり、TAやTutorとして生徒の勉強を手伝ったりしています。また、大学内外でインターンシップを探せるフェアなども開催されており、さまざまな機会を自分で見つけることができます。ちなみにインターンシップではありませんが僕は冬休みを使い、大学のプログラムでイタリアに留学してきました。

 

 

 
 
では、リベラルアーツと州立大学どちらがいいいのか

正直、どちらが絶対に良いとは言えません。しかし僕は最初にリベラルアーツ(小規模)に行って良かったと思います。アメリカのことや大学生活に関して何もわからなかったですし、たくさんの人が助けてくれましたし、友達もたくさん出来ました。大規模は設備が良かったり、生徒がたくさんいる分、自分から行動することがより要求されると思います。自分に合う環境を考えて大学選びすることが重要ですね。またこのトピックについては記事にしたいと思います。

 

 

 

 

では、また!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【アメリカ】知識経験ゼロからのアメリカ大学留学

July 7, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索